月経のトラブルは子宮筋腫が原因|注意が必要な女性の病気

レディとベイビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

綺麗に痩せる

婦人

自分なりにダイエットをしても痩せられないのであれば、ダイエット外来で治療を進めていきましょう。大阪にも婦人科含めてクリニックが数多くあります。いまは薬で食欲を抑えることも出来るようになっています。

もっと読む

ピルの使用は慎重に

看護師

避妊薬として知られるピルは、体質や病歴によって服用出来ない場合があります。年齢が高い場合や妊娠中の方は、通常禁忌とされるのがピルです。ピルは子宮の病気や月経痛の改善にも利用が出来ます。ホルモン治療に比べて副作用が少なく、大阪の婦人科でも選択肢の一つとして勧められています。

もっと読む

症状と治療法

先生

子宮にできる良性のこぶ

子宮の壁の筋肉の一部が変化して、こぶのような良性の腫瘍ができるのが子宮筋腫です。症状の特長は、まず月経量が急激に増えて月経期間が長くなります。月経血の量は人と比べにくいものですが、夜用ナプキンをつけても1時間ともたないとか、蛇口をひねったように出血するなどして日常生活に支障が出るほどなら子宮筋腫の可能性がありますので注意が必要です。この際出血量の多さに身体の造血機能がついていけず、酷い貧血になることでもわかります。他に大きくなった子宮が骨盤や神経を圧迫して腰痛が出やすいのも特徴です。膀胱が圧迫されて頻尿になったり、直腸が圧迫されて便秘になる人もいます。また不妊の原因になることもあります。これは子宮内膜が凸凹になって受精卵が着床しにくくなるためと、筋腫が卵管を圧迫し、卵子や精子の通過障害が起こるためと考えられています。

原因はまだ分かっていない

子宮筋腫ができる原因はまだはっきりと分かっていませんが、筋腫が大きくなるのに女性ホルモンの1つ、卵巣ホルモンが関係していることは明らかです。卵巣ホルモンの分泌が活発な20代に徐々に成長し、さらに分泌が盛んになる妊娠中には急激に大きくなります。子宮筋腫は初診でほぼ診断することができます。まず問診で自覚症状や過去の病気などを聞かれ、内診で子宮や卵巣の様子を見ます。さらに筋腫の大きさや数、場所を詳しく確認するため超音波検査も行います。辛い症状がある時は、薬か手術での治療を行います。薬にはホルモンの分泌を低下させる薬で筋腫を小さくするものと、各症状を改善するものがあります。貧血には鉄剤、月経血が多いなど場合は漢方薬を処方します。

流産や先天性疾患を防ぐ

男女

危機回避の着床前診断とは、受精卵の段階で異常がないか調べる検査のことです。先天性疾患などを発見できるため、不妊治療の一環として利用者が増えてきています。倫理的問題と費用の高額さという問題があり、今後も議論は続くでしょう。利用者もよく考えてから利用する必要があります。

もっと読む